環境情報紙『Risa(リサ)

「名古屋をもっとエコな街に!」未来のため、今、私たちに何ができるのかを
読者と一緒に考える環境情報紙。

1999年5月30日(ごみゼロの日)の創刊以来、時にはまじめに時には楽しく、エコな話題をいろいろと伝えてきたリサ。
「ごみは元から減らすことが大切」といった、環境のことが身近に感じられる情報を発信し続けます。

Risa(リサ)  vol.223(2017年12月号)

Risa(リサ)  vol.223(2017年12月号)

特集「もっとシェア ずっとeco」

 今年、Risaはエコロジーの視点から「シェア」を見直してみました。モノや場所、時間を分け合うことでムダをなくし、省エネに貢献する…。そんな発想や取り組みを紹介したところ、大きな反響をいただきました。「名古屋弁なら『もーやっこ』だがね!」という指摘も。そこで、1年の締めくくりはもっと「シェアeco」を突き詰めてみます。

Risa2017年11月号をデジタルブックで読む


コーナーの紹介