暮らすめいと4月号

<特集> 鉄道散歩
新橋―横浜 148年

日本の鉄道の歴史は一八七二(明治五)年の新橋―横浜開通に始まり、今年で百四十八年。今の汐留―桜木町であり、春うららかなる日は、あちこち訪ねてみたい。汐留で復元された旧新橋停車場を見た後、鉄道博物館(さいたま市)や青梅鉄道公園(東京都青梅市)に足を延ばせば数々の保存車両と出合う。桜木町は記念碑があり、蒸気機関車(SL)が近く里帰りする。「汽車道」を歩き、原鉄道模型博物館で「小さな本物」を楽しもう。   (文・写真 木村 昭彦)