暮らすめいと4月号

<特集> 
空前のクイーンブームの秘密

 

昨年十一月に公開されて以来、本年一月まで右肩上がりで観客動員数が上がり続けた映画「ボヘミアン・ラプソディ」。ご覧になった読者も多いかもしれない。イギリスのロックバンド・クイーンと、そのボーカル、フレディ・マーキュリーの青春と生涯を描いた本作は、世界中でヒット。日本では累積動員七百二十七万九百四人、興行収入百億円突破(一月二十二日現在)を記録した。これを機
に、若い世代から中高年まで、再びクイーンが注目されている。ブームの秘密を追った。