ヘッダー画像
ローズ1月号

<四季彩>  鬼にも優しい笠覆寺 子どもらとの楽しい正月が過ぎ、動き出した日常は冷え込みが厳しい。二十日が大寒。それを乗り切った先の節分が待ち遠しい。 「鬼は外、福は内」の豆まき。大ヒットの劇場版「鬼滅の刃」について娘と…

続きを読む
 
ローズ12月号

<四季彩>  熱田の杜に祈る弥栄 戸外で朝吐く息が白くなると軒下の水槽に氷が張る日も近い。二十一日が冬至。ほかほかの小豆粥がゆ、カボチャ、湯豆腐などを食する風習があるらしい。そしてクリスマス。師走の慌ただしさが増す名古屋…

続きを読む
 
ローズ11月号

<四季彩>  大須演芸場に登龍亭 色鮮やかさを増した並木の紅葉が晩秋の日差しに映える。十五日が七五三。この日を中心に神社の境内などは晴れ着の親子連れでにぎわう。願うのは子の健やかな成長。昔の自分の姿を重ねて「いつの世にも…

続きを読む
 
ローズ10月号

<四季彩>  いざ名古屋競馬場へ 紅葉が北海道ではすでに平野部近くまで降りてきたようだ。南に位置する桧山地方。どこよりも鮮やかな色付きを目にした覚えがある。そこには民謡「江差追分」。元をたどれば日本海沿いに信州の馬子唄へ…

続きを読む
 
ローズ9月号

<四季彩>  興正寺で千燈供養会 「天高く」と形容するように青空がどこまでも澄み渡る。それでいて「女心(男心)と秋の空」。好天は長くは続かず、折々に崩れもする。南下してくる秋雨前線。この時季迎える中秋の名月の日は天気がつ…

続きを読む
 
ローズ8月号

<四季彩>  テレビ塔「煌」多彩に 季節の便りは「暑中見舞い」から「残暑見舞い」へと移る。処暑が二十三日。日差しも和らぎ、日が暮れると涼しささえ覚えるようになる。夜景を彩る数々の照明。今やLED(発光ダイオード)製品が主…

続きを読む
 
ローズ7月号

<四季彩>  四間道で風鈴涼しげ 「シトシト」の梅雨が明けると青空で太陽が「ギラギラ」と輝く。二十二日が大暑。一年で最も暑い時期を迎える。定評となった異常なまでの名古屋の蒸し暑さ。清流の「サラサラ」に親しんだ山国・信州で…

続きを読む
 
ローズ6月号

<四季彩>  アジサイは茶屋ケ坂 この夏は名古屋の風景も新型コロナウイルスで一変した。中止となった熱田神宮例祭の花火。大相撲の土俵に向かう力士たちの姿はない。甲子園という目標を奪われた高校球児。「にっぽんど真ん中祭り」は…

続きを読む
 
ローズ5月号

<四季彩>  戸田川河畔に太公望 水槽のメダカが陽光を浴びて、うれしそうに泳ぎ回る。庭には、サツキやアヤメ、バラの花。梅が若葉の陰で実を少しずつ膨らませる。あちこち初夏の装い。水量が増えた向かいの用水ではカメが遊び、アメ…

続きを読む
 
ローズ4月号

<四季彩>  風車とチューリップ 全て躍動的であるはずの春があっという間に萎縮した。恐怖の新型コロナウイルス。年度替わりのイベントなど相次ぐ自粛や中止が重苦しい。記録的な下げとなった株式市場。つい先頃の活況がバブルのごと…

続きを読む